離婚は自己解決が困難

お金離婚は自己解決が困難というのが、問題になっています。事実「もうこの人とは結婚生活を送れない」と思っても、「はい!じゃあ離婚します」という選択はなかなかできません。まず、離婚とは言っても、なかなか前に進めないということが多いですし、実際にもう決断を下したとしても、相手が承諾してくれるかもわかりません。結婚もそうなのですが、離婚も相手の承諾がないとできないのです。

さらには「財産分与はどうなるのかな」とか「慰謝料請求はできるのかな」とか、色々な疑問が次々と生まれてきます。そのため、自分自身の力だけで解決するのは極めて困難だと言えるでしょう。実際に離婚を決めて、相手が承諾してくれて離れられたとしても、離婚後に「そう言えば慰謝料を請求すれば良かった」「2人で築いた資産はどうなったんだろう」という問題に直面することもあります。最初から弁護士に依頼しておけば、それらのミスも避けることができるでしょう。弁護士への相談に関しては、近年相談だけなら無料というところも増えているので、そちらで話だけ聞いてもらうということもできます。その上で、依頼したいと思った場合には正式に依頼するなど、上手に使っていくことが必要となります。