慰謝料の請求も追及

暴力離婚する理由は、人によってさまざまです。単純に冷めてしまって離婚する夫婦もいれば、どちらかが浮気や不倫をして離婚する夫婦もいれば、失業や失職によって離婚する夫婦もいます。それぞれ問題は別にあるのですが、相手によっては慰謝料を請求したいということもあるでしょう。特に近年は亭主関白という名の下で暴力や暴言を繰り返す人もいますし、モラハラで心に深い傷を負わせる人もいます。そういう人の被害に遭ってしまった方は、より高額の慰謝料請求をしたいと思っているでしょう。もちろん、不倫や浮気の場合も慰謝料請求は可能です。

そちらの場合も専門の弁護士などに相談することをおすすめします。近年は慰謝料請求に特化した弁護士も多いので、そちらに相談してみるというのも良いでしょう。なお、慰謝料の請求には証拠も必要となる場合があるので、それらも含めて証拠集めをするなど、準備も進めておきましょう。証拠が多ければ多いほど、慰謝料請求はさらに有利になります。「離婚したい」という気持ちが先走ってしまい、別れることだけに集中してしまうこともあります。そうならないよう、冷静に行動するという意味でも、弁護士と協力して話を進めていくと良いです。